株取引のしくみ

株取引と聞くと、なんだか難しそうなイメージがないですか?でも基本を理解すれば、誰にでも挑戦出来ることなんです。
ここでは、株式投資の基本的な売買のしくみから具体的な株取引についての、様々な決まりや制限・取引法方を説明したいと思います。
また行ってはならない禁止取引なんかについても説明いたします。

○株式の売買単位
通常1株から1000株までの単位を、それぞれの企業により定めている単元株数により売買されます。
そのため、それぞれ企業によって売買単位は異なるのです。

そして株取引の注文方法ですが、売買を行うには、まず売買注文を証券会社に対して出す必要があります。
そしてその注文方法には、「成行注文」と「指値注文」があります。

この成行注文とは、売買単価を設定せず銘柄と株数だけを指定して、その時の相場の成り行きに任せ注文することをいいます。
また指値注文とは、売買希望価格、数量、銘柄する注文方法の事をいいます。

○株取引の決まり
株価とは、需要と供給で価格が決定されるのが基本です。
需要は欲しいと思う数量、供給は売りたいと思う数量で、基本的に株価は、この需要と供給のバランスが取れた時点で取引が行われることになります。

このバランスをとるためには2つの方法があるのですが、それが板寄せと、ザラ場寄せと言われる方法です。
板寄せとは、その日に取引開始価格を決める際に行われる方法です。
またザラ場寄せとは、板寄せによって決まった価格を基準として、板により価格が確定するというものです。

○株価の値幅制限
急激な相場変動により混乱が起きないよう、相場の加熱を抑える制度があり、その1つとしてあげられるのが、値幅制限とよばれる制度です。

○株価の受け渡し
近年はインターネットを使い、すぐ注文を出し決済という形になるの、で株価の受け渡しという点では中々実感しずらい項目です。
受け渡しとは、売買したら即日現金化されるのではなく、一定のお受け渡し日と言われる期日い行われます。

この事を知らないと、受けられると思っていた時に、株主優待や配当が貰えなかったり、また現金化できなかたりします。
基本的に受け渡しは、取引から4営業日後となります。

以上のことは基本中の基本なのですが、理解していただけましたでしょうか?